Reflection Trajectory Simulation反射光軌跡シミュレーション

シミュレーション例

周辺街区への反射光評価
計画建物から照射される反射光が、周辺街区にどのように照射されるのかを評価した例を紹介します。
周辺道路への影響評価
反射光が周辺の道路や線路へ照射される場合、その交通機関を往来する運転者にも影響を及ぼす可能性が出てきます。ここでは、計画建物の脇を通る道路への影響を検討した例を取り上げます。
太陽光発電施設からの反射光
再生可能エネルギーの一つである太陽光を用いた太陽光発電施設の建設が各地で進められていますが、設置場所によっては太陽光パネルからの反射光により、周辺への影響が懸念される場合があります。ここでは、太陽光発電施設の東側に高速道路が通っている状況の反射光照射例を紹介します。
住宅屋根の太陽電池パネルからの反射光
住宅の屋根に太陽光発電パネル(ソーラーパネル、太陽電池)を設置した場合の、反射光照射の例を紹介します。
傾斜した反射面(建物屋上に設置した太陽光発電パネル)からの反射光
一般的な建物の場合、おもに鉛直のガラス窓からの反射光を評価対象としますが、意匠上でガラス面を傾斜させたり、太陽光発電パネル(太陽電池)を設置する場合には、傾斜した反射面からの反射光を評価することが必要となります。傾斜面からの反射光は、鉛直面と異なる照射状況となるため注意が必要です。
建物外装をガラスやアルミパネルなどにしたときの反射光
外装にガラスを用いる建物は、オフィス街などでよく見られます。オフィスビルへ反射光が照射される場合は、ビル内で働く人々への影響が懸念されます。ここでは、近隣ビルへの反射光の影響を検討した例を取り上げます。
反射光照射位置の表示例
反射光の照射範囲や照射時間の把握に役立つ資料の作成例を紹介します。
外部遮蔽があるガラス面の反射光シミュレーション例
一般的な建物では、鉛直面のガラス窓が多く使用されています。このような鉛直面のガラス窓は、太陽の高度が低くなる朝や夕方の時間帯に発生する反射光が問題になる場合があります。このような反射光に対して、建物の省エネルギー対策として用いられる庇や縦ルーバーなどの外部遮蔽物が、対策として効果がある場合があります。ここでは、南面が全面ガラス張りの建物について、縦ルーバーの有無による反射光を取り上げます。
反射面が凹状に配置された場合の反射光
反射光は、反射面が向く方向と太陽の方向とで照射される方向が決まります。反射面が複数あり、それぞれ違う方向を向いていれば、反射光も複数発生しさまざまな方向に照射されます。ここでは、計画建物の反射面が凹状に配置された例を取り上げます。
反射面に映り込んだ太陽位置の推測
反射光軌跡シミュレーションの検討結果を踏まえ、反射光の照射が確認された位置から、光源である太陽がどの場所に見えるのか、またどのように見えるのか、解析事例を紹介します。

関連資料(資料室へ移動)