Wind Environment Simulation風環境(ビル風)シミュレーション

計画建物の凹凸の再現と風環境の比較

マンションのバルコニーなど、計画建物によっては外壁面に大きな凹凸が有る場合があります。シミュレーションのモデルにおいて、凹凸を再現する場合としない場合で、計画建物周辺の風環境評価に与える影響を検討しました。

■解析モデル

計画建物(ピンク色。高さ66.7m)と周辺建物(水色)を表示しています。ベランダの有無で、計画建物周辺の風環境がどのように違うのか、検討を行います。ここでは、ベランダの出幅を1.5mとしています。

■シミュレーション結果:風速比コンター・ベクトル図の平面表示

風が北北西から吹いたときのシミュレーション結果を示します。
ベランダ無し・有りともに、風速比の分布にほとんど差がありません。

■風環境評価尺度による評価結果

風環境評価尺度による評価結果です。ベランダ無し・有りともに、同じ結果となっています。
この結果から、ベランダ程度の凹凸の場合は、形状を再現しなくても風環境評価に影響を与えないことがわかります※。

※建物奥行の10%(1/10)以上の凹凸は風速増加領域の低減に効果があると考えられており、今回のベランダ幅1.5m(建物奥行20mの1/10未満)では、低減効果はないと判断しております。