ビル風・風環境シミュレーションでは、建物の形状や配置、それに周辺の状況などを考慮して複雑なビル風・風環境を把握することができます。
「風環境評価尺度」を用いた評価を行うことで、良好なビル風・風環境を設計するための資料や特定行政庁への提出資料、また住民説明会用の資料として利用することができます。

ビル風シミュレーションはどうやるの?

ビル風とは何か、どんな種類があるのか、どのように検討・評価すればよいのかを動画でわかりやすく説明します。

おもな特長

解析表示

  • 風速比コンター図、気流ベクトル図など、結果表示断面は任意で出力可能です。
  • 2次元表示、3次元表示で風の流れを把握することができます。
  • さらに、風の動きを粒子を用いた動画で確認することもできます。動画は別途費用です。

結果評価

  • 気流計算結果により、風環境評価尺度を用いた評価を行います。
  • ビル風による風環境の変化の影響が一目で分かる資料を作成して結果を報告します。

解析システム

  • 解析コード: GSMAC3D (AGC(株)先端技術研究所)
  • 乱流モデル: 標準k-ε2方程式

その他

  • 解析実績とともに培ったノウハウをいかして、適切な解析とコンサルティングを行います。
  • 有限要素メッシュを使用していますので、複雑な周辺地形や建物形状にも対応が可能です。
  • 特定行政庁への提出資料や住民説明会用の資料など、ご要望に沿ったアウトプットも作成します。
  • CASBEEの格付けランクの評価にもご使用いただけます。

シミュレーション例

計画建物の位置・形状の違いによるビル風・風環境の比較
ビル風・風環境は、さまざまな条件で変化します。ここでは、具体的に「計画建物の位置を変更した場合」や「計画建物の形状を変更した場合」に、どの程度周辺のビル風・風環境が変化するか検討例を取り上げます。
周辺環境の違いによるビル風・風環境の比較
ビル風・風環境は、計画建物だけでなく周辺の状況によっても大きく変わります。
ここでは、隣接する建物の有無で、計画建物周辺のビル風・風環境がどのように変化するのか検討例を取り上げます。
計画建物の凹凸の再現と風環境の比較
マンションのバルコニーなど、計画建物によっては外壁面に大きな凹凸が有る場合があります。シミュレーションのモデルにおいて、凹凸を再現する場合としない場合で、計画建物周辺の風環境評価に与える影響を検討しました。
ビル風の影響範囲
計画建物の風の影響が顕著に現れるのは、計画建物を中心にどの程度の距離まででしょうか。ここでは、シミュレーションを用いて検討した例を取り上げます。