• トップ
  • 風環境(ビル風) シミュレーション

Wind Environment Simulation風環境(ビル風)シミュレーション

ビル風・風環境シミュレーションでは、建物の形状や配置、
それに周辺の状況などを考慮して
複雑なビル風・風環境を把握することができます。
「風環境評価尺度」を用いた評価を行うことで、
良好なビル風・風環境を設計するための資料や
特定行政庁への提出資料、
また住民説明会用の資料として利用することができます。

ビル風シミュレーションは
どうやるの?

ビル風とは何か、どんな種類があるのか、どのように検討・評価すればよいのかを動画でわかりやすく説明します。

  • 1.ビル風ってなーに?
  • ビル風ってなーに?その2

おもな特長

解析表示

  • ・風速比コンター図、気流ベクトル図など、結果表示断面は任意で出力可能です。
  • ・2次元表示、3次元表示で風の流れを把握することができます。
  • ・さらに、風の動きを粒子を用いた動画で確認することもできます。動画は別途費用です。

結果評価

  • ・気流計算結果により、風環境評価尺度を用いた評価を行います。
  • ・ビル風による風環境の変化の影響が一目で分かる資料を作成して結果を報告します。

解析システム

  • ・解析コード: GSMAC3D (AGC(株)先端技術研究所)
  • ・乱流モデル: 標準k-ε2方程式

その他

  • ・解析実績とともに培ったノウハウをいかして、適切な解析とコンサルティングを行います。
  • ・有限要素メッシュを使用していますので、複雑な周辺地形や建物形状にも対応が可能です。
  • ・特定行政庁への提出資料や住民説明会用の資料など、ご要望に沿ったアウトプットも作成します。
  • ・CASBEEの格付けランクの評価にもご使用いただけます。

解析に必要な資料と価格

解析に必要な資料

建築前、建築後、対策後の3ケースを検討する場合、次の資料が必要です。

  • ・建設予定地の住所
  • ・計画建物の平面図、立面図、配置図、CADデータ(DWGかDXF形式:AutoCAD形式)
  • ・植栽などの配置情報
  • ※住宅地図は当方で入手可能です。
  • ※気象データは当方で準備します。該当地区のデータがない場合は、計画地に一番近い気象台などの観測データを使用します。

価格

通常受託費用:100万~250万円

  • ※物件の形状、規模、敷地の高低差、周辺建物の状況、解析内容などによって異なります。
    また、報告書の体裁によっても変わり、結果がわかる程度の簡易な体裁で足りる場合は安価にすることも可能です。